FC2ブログ
全ては妄想から始まる―。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
新年明けすぎちゃって今更ですけど…

今年もよろしくお願いします。

1ヶ月ブログを書かないまま
1月が終わってしまいそうなので
前に思うところあって書いた記事を…

個人的意見で感じ方は人それぞれ、
何が正解って言うのはないけど
「AV男優の流儀」の
他人様の感想を見て思うところを…。

鈴木おさむさんはAVが大好きだからというより
それ以上にきっと”人”が好きなんだと思う。

だから自分にはない考え、
自分とは違う考えを
AV男優でもそれがAV男優じゃなくても
いいとこでも欠点でも
全部新鮮に前向きに受け止められるんだと。

…そういう人じゃなきゃ
交際O日で結婚しよう!とは
言えないと思うんだよね。

あくまでも私の感覚で…だけど
「エロ屋仕事だから」っていう括りをすること自体がなんとなく違和感なのです…。

好きを仕事にしてる=美化するというのもなんだかな…で。

「エロ屋仕事」だから美化してるって思うんで
そもそもその考えがフラットじゃないような…って気がして。

たとえばの話、
ケーキが好きでパティシエになりました!っていう人が仕事の話をすれば
好きを仕事にしてる=美化してるって思わないんじゃない?…と。

でももし同じように美化してるとすれば
ケーキ屋は美化してもよくて
エロ屋仕事は美化するもんでもないってのは
なんでなんだろう?と。

一般的には普通の仕事だからとか
AVの仕事だからっていう偏見は
ないとは言い切れないし、
実際はあるんだとは思うけど
双方の立場や見方はあるにしても
今すぐは無理でも
ゆくゆくの行き着く先として
そういう偏見がなくなればいいと思うと
お互いにもっとフラットに考えられないものなのかなーと。

それともやっぱり
AV村はAV村のままの方が
いいのでしょうか…

そもそもエロ屋仕事に限らず
どの職業でもその仕事をしたい、
なりたいと思う動機って
「好きだから」な人は
いっぱいいるというか
なる、ならないは別にしても
子どもの頃の将来の夢って
野球が好きだから
プロ野球選手になりたいとか、
電車が好きだから運転士になりたいとか、
歌うのが好きだから歌手・アイドルになりたい、
子供が好きだから保母さんになりたいって

好きなこと=将来の夢に直結することが多い。

例え親は安定を望んで
公務員・医者・弁護士になって欲しいと願っていても。

女が…
セックスが好きだから
AV男優になる。

それも賛否両論はあるにしても
好きなものがたまたま女だったってだけで
根本的な発想は同じなんじゃないかと。

それ以上でもそれ以下でもなく。

でも子供の頃に思い描いた夢は
大人になるほど現実を知るっていうか。

いろんなもの、
いろんな職業を知り、
選択肢も増えるけど
好きだからだけで仕事にできないことも
好き以外を理由に仕事を選ばなきゃいけない時がくることも分かってくる。

テレビが好きだからだけで
仕事として「放送作家」の仕事ができるとは限らないし
お笑いが好きだからだけで
「芸人」にはなれても
売れるとは限らない。

AV・女・セックスが好きだからだけで
AV男優、トップ男優になれるとは限らない。

大人になってからも「好きを仕事にしてる」って言えるのは
ある程度結果を残してトップになった人が言える言葉で
だからこそ一般論ではなく
経験談に基づいた話が
魅力的に思えるって話で
決して「エロ屋仕事」を美化してるわけではないと思うんだよね。

なんとなくなった人ではなく、
なりたくてなった結果、
トップになった人らだから言えること。

AV男優になるため、トップになるため、
”なんとなく”じゃなくセルフプロデュースも努力もしてる人達。

だからこそそういう人たちの言葉やその姿はキラキラして見えるわけで
別にAV大好きな人のキラキラフィルターがかかってるわけではなく
ホントに自分の仕事の話をする
男優さんたちが
充実した毎日に満たされてるから
キラキラして見えるんじゃない?・・・って。

私にはしみけんさんがまぶしすぎて
直視もできなければ
近寄ることもできないっていうか
ファインダー越しにしか見れないでいるけど(笑)

その結果がコレ…

去年のあるイベントのSDカードの中身…

STK.jpg

フォルダの中身、
画像の左下に書いてあるとおり
項目956個こんな感じ・・・

1000枚近く撮っても
カメラ目線は一枚もないし
私自身もあんまりカメラ目線には
こだわりはないというか
むしろ何気ない表情を
何にも考えずに見てられる方が幸せな方で。

客観的に自分のこと見て
私の頭の中ってこうなってるのかと思うと
危険すぎて近づいちゃいけないような・・・w

ホントに興味が0か100だから
それはそれでめんどいっしょ。

で、話がズレたけど…

実際好きなことを「仕事にする」っていうこと自体が難しいこと。

「エロ屋仕事」云々としての話じゃなく
鈴木おさむさんが伝えたいのはそこなんだと思うんだけど。

放送作家として一線で活躍する鈴木おさむさんと
業界のトップで活躍する男優や監督さんらが対談するとこうなるっていう・・・

業界とかジャンルとか
そういう偏見とか色眼鏡を無しにして
好きなことを仕事にして
日々が充実してる人たちは
影の部分もゼロではないにしても
フィルターのせいじゃなくて
ホントに輝いて見えるんだと思うってのは
私にもあるAV男優好きのキラキラフィルターのせいでしょうか…ね。


さて、2月1日から新居です。

新居はオナッシー棚が備え付けだよ (๑´ω`๑)













[ 2015-01-13 (Tue) 13:01 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記。
いろんな思いを書き散らかした。

でもあまりに大人気ないので
大幅カットしたつもりなんだけど…

それでも大人気ないかもね…

結論から言えば、
私には何の役にも立てることがないから
できる立場にありながら
どこに向かってんだろ?って言うよなこととか
いい加減なこと繰り返しやってると
なんかもったいない気がしちゃってね。



[ 2014-12-27 (Sat) 12:43 ]   Comment(4) / TrackBack(0)
   Category:雑記。
GOSSIP BOYSのイベント第一夜も終わり…

気持ちは行きたいんだけどね…orz

イベントに行けなくても
イベント以外のお楽しみがあるから嬉しい限りで。

予定では90分だったはずの番組が
激戦の結果、2時間番組になって
30分も長く見てられるって幸せね(*´ω`*)

いよいよ明日放送ですっ!

BAZOOKA!!! #108 BSスカパー
2014年12月22日(月) 後9時00分~後11:00放送
第3回 地下クイズ王決定戦




ちゃんとした予告もUPされてたし♪


ついでに…

クイズ研究会だったしみけん様が
クイズでナンパしてるAVがありまして…

2002年04月25日発売、しみけん様22歳。



12年も前にもなると
DVDじゃなくて
アダルトビデオだからすでに廃盤・・・

でも動画でなら今も見れます(^^)

第3回地下クイズ王の前にいかがです??(笑)

アクションビデオDX 31
惑星的$ミリオネア


55ad00031pl.jpg
[ 2014-12-21 (Sun) 12:34 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:2002年
Bijouプレゼンツしみちるの”脳ミソつるつる野郎!!”
12月6日(土)22時~




Broadcast live streaming video on Ustream

人気AV男優 ”しみけん” と 若手新鋭AV監督 ”嵐山みちる” がお送りするトークバラエティー番組。

Presented by
 bijou.jpg



【つるつる質問室 おハガキの宛先】
〒112-0005 東京都文京区水道1-7-3
h・m・p内つるつるみちる嵐山 宛


読まれた方には素敵なプレゼント(*´ω`*)

USTREAM以前のしみちるのつるつる野郎!!は
コチラから↓↓
Twicas.jpg














■次回放送は2015年1月3日(土)
※収録になるか生放送になるかは未定。










[ 2014-12-06 (Sat) 14:18 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:お知らせ
セックスの向こう側の原作、
「AV男優という職業」が文庫本になりました(^^)

11月22日発売。


すでに単行本のお持ちの方でも
最後には文庫版特別座談会が収録されております。

単行本取材時から約2年、
その後の変動の実感とAV業界の現在と将来について、
男優はトニー大木さん、しみけんさん、
メーカーからはHMJM代表取締役 浜田一喜さん、
そしてAV監督 えのき雄次郎さんの4名の座談会。

内容は…

●日本AV男優協会が発足
●中国のスター、トニー大木
●世界に知られる日本のAV男優
●厳しくなる業界コンプライアンス
●AVメーカーの苦境
●高齢化するAV協会
●男優ヒエラルキーの実態
●女性の注目を集める男優たち
●今後のAV業界は…


ちなみに文庫本ではなく電子書籍の方
そのロングバージョンを収録してあるので
すでに単行本をお持ちであれば
電子書籍の方が断然お得です(^^)

文庫本には収録されていない、
一徹さんが専属男優になった時の話、
イセドンさんの話、しみぺディアのこと、
他にもいろいろ…

ひとつの項目の長さは短いかもしれませんが
項目で言えば文庫本に収録されている倍以上でございます。

セックスの向こう側のトークショーのため、
4日ぐらい渋谷アップリンクに通ったのが
昨日のことのように思い出されますが…

まだご覧になったことがない方はDVDも発売されてるのでぜひ(^^)

2013年6月28日発売。
セックスの向こう側

n_688mx497spl.jpg


【出演者】
日比野達郎 速水健二 山本竜二 平口広美 しみけん(清水健)
鳴沢賢一 阿川陽志 森林原人 沢井亮 黒田悠斗(黒田稔彦)
吉村卓 トニー大木 田淵正浩 島袋浩 平本一穂 栗原良 加藤鷹
ミートボール吉野 森山龍二 平井シンジ

【概要】
劇場大ヒットを記録した異色作が、早くもDVD解禁!誰もが知りたい‘夢の職業’=AV男優の真実に迫る、注目のドキュメンタリー!!2012年、生誕30周年をむかえたアダルトビデオ=AV。ピンク映画から派生し、低予算のビデオ撮りという形でひっそりと生まれたAVは、桜樹ルイ、飯島愛、及川奈央、森下くるみなどのスター女優を生みながら、現在ではメーカー数100社以上、月間販売タイトル推定4,500本、業界年間売上約550億円の巨大市場へと成長を遂げた。近年、原紗央莉、蒼井そらといった有名女優が世界各国で爆発的な人気を誇り、中国・香港などで映画デビューを果たしている。いまや日本のAVは、全世界の男性をトリコにしていると言っても過言ではないのだ。そんなAVを影で支えてきたのが‘AV男優’である。現在、推定10,000人とも言われる現役AV女優に対し、男優は約70人。彼らが仕事で‘からんだ’女優の数は、1人あたり数千人にも達するという。本作は、これまでほとんど語られることのなかったAV男優たちの女性観、SEX観、仕事観に迫ったドキュメンタリー映画である。成人男性でその名を知らぬ者はいない‘ゴールドフィンガー’加藤鷹をはじめ、いまや実業家としても活躍する島袋浩、ピンク映画で活躍した野上正義を父に持つトニー大木、独特な中年キャラが同世代に受けている売れっ子・吉村卓、新世代のイケメン男優・黒田将稔、しみけんなど個性豊かな総勢20名のAV男優が登場し、「性病」「潮吹きの正体」といった気になる猥談エピソードから、それぞれが抱える思いや葛藤までもが赤裸々に語られる。監督はAV歴20年超、2,000タイトル以上の制作キャリアを持つえのき雄次郎と、映画・Vシネ・舞台などマルチに活躍するベテラン・高原秀和。業界を知り尽くした二人がタッグを組み、男性なら一度は憧れるAV男優という職業と、そこに生きる男たちの知られざる本音と素顔に迫った。女優を支える影の存在‘AV男優’―彼らが見ている世界とは…。本作は2013年2月23日より渋谷アップリンクにて封切られ、男女共に多くの観客を動員。レイトショー上映が2週間連続で満員となるなど、大ヒットを記録した。








[ 2014-11-23 (Sun) 15:10 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:お知らせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。